内祝い

内祝いの言葉の由来は、「内輪のお祝い」にあります。「内」とは「家」のことを指し、内輪は家族や親戚などの親しい身内の人となります。
本来の内祝いは「身内で起こったおめでたいことや喜びをおすそ分けする」という意味で行うものです。おめでたいことの報告と挨拶を兼ねて贈り物をし、その喜びを親しい人々と一緒に喜び祝ってもらうことが始まりでした。ですから、おめでたいことのあった当人が自発的に内輪に贈り物をしたことが、本来の内祝いです。しかし現在では、「お祝いをいただいたお返し」として品物を贈ることが一般的になりつつあります。
内祝いの予算の目安は「半返し」と言われ、いただいた金額の半分が適切ですが、いただいた方や状況に合わせて無理のない範囲でお返しするのが良いでしょう。
わこう堂のお菓子には本来の意味での内祝いとしても、お返しの意味での内祝いとしても、お選びいただきやすい商品が揃っております。