一升餅

一升餅(一生餅)は、一升分(約1.8kg)のお米を使って作るお餅です。
子どもが1歳の誕生日を迎えたときに、このお餅を背負わせたり、踏ませたりすることで祝う行事が、日本の各地域に存在しています。地域ごとに一升餅のほか、誕生餅、踏み餅、立ったら餅、背負い餅など、呼ばれ方もさまざまです。
お祝いの方法として一般的なものは一升餅を風呂敷やリュックサックに入れて、背負わせる方法です。一升のお餅にはお子様の一生と掛けて、『一生食べ物に困らないように』『一生が健やかに過ごせるように』という願いが込められています。子どもがお餅を背負い立てば縁起が良く、立てなくとも“すぐに親元を離れない”ので、また縁起が良いという、どちらにおいても縁起が良いという解釈となります。
わこう堂の一升餅は全国各地よりご注文をいただく人気商品です。幸せを運ぶ鳥・コウノトリを育む「コウノトリ米」を使って、丹精を込めて作り上げ、お子様の幸せを願い、まごころを込めて名入れをしております。