七五三

七五三は、古来より行われてきた3歳「髪置きの儀」、5歳「袴着(はかまぎ)の儀」、7歳「帯解(おびとき)の儀」に由来するものです。現在も子供の成長を願って、3歳・5歳・7歳にお祝いをします。年齢は数え年で行うのが正式ですが、現在では満年齢、数え年のどちらで行っても構わないそうです。地域や世代によっても考え方が違う場合もあるので、周りと相談しながらお祝いするのが一般的になっています。
また七五三参りも正式な日取りは11月15日ですが、現在は10月~12月の間に行う家庭も増えています。ご両親やご家族の予定に合わせて、季節の良い秋頃に行うのが良いでしょう。
七五三で当店の人気商品といえば「紅白饅頭」です。内祝いやお土産としてもご利用いただけます。その他にも幸せを運ぶコウノトリのお米で作った「ポルポローネ」もおめでたいハレの日に適したお菓子で、皆さんに喜んでいただいています。